奄美大島の魚介を堪能特集


奄美大島,魚介料理を堪能,名瀬,トビンニャ

奄美大島で、魚介を活かした料理を堪能できる店を集めてみました。


サザエ、夜光貝、トビンニャの貝類。アバス、エラブチ、シビ、アカウルメにネバリなどの島特有の魚。海ぶどうやアオサなどの海藻も豊富。奄美大島に来たなら、ぜひとも堪能していただきたいのが島ならではの魚や、新鮮な魚介です。1キロを超える程巨大な貝や、見た目が青かったり、赤かったりする魚もいて、はじめは敬遠してしまいがちですが、おいしく食べさせてくれる鉄板のお店があります。


◎魚と刺身に関する信頼度は地元一番!『ゆらい処大蔵』

yurai_special
30年以上お付き合いのある取引先から仕入れる新鮮で良質な魚。東京で調理師をしていたお父様から受け継いだ料理の腕。地元のタクシー運転手の方や、ホテルの従業員の方におススメを聞くと必ず『ゆらい処大蔵』の名前が上がります。お刺身はもちろん、アラ煮やちゃんこ鍋もおススメです。

→詳しくはコチラ


◎島外の常連さんも、サヨ子ママのつくる魚料理を食べにくる居酒屋『大漁』

奄美大島,名瀬,屋仁川,居酒屋,大漁
設立してから40年。地元の漁師さんと培ってきた仕入れルートが、魚介料理の旨さのポイント。特に『大漁』さんは、一度訪れた観光客が翌年以降毎年来るという、観光客リピーター率の高さでも有名。店内にはそんな常連観光客さんのプレゼントが並んでいます。飲食店のサービスを超えた接客を一度味わってください。

→詳しくはコチラ


自社漁船で獲ってきた超新鮮な魚を、堪能するならここ『脇田丸』奄美大島,名瀬,脇田丸,船盛,1500円,お店人気位置メニュー
日々、古仁屋港から新鮮な魚介を直送している「脇田丸」。自社漁船(脇田丸)を保有しているので、ここでは低価格で新鮮な魚介の仕入れが可能です。
お店一人気を誇るのは、「刺身の盛合わせ」(1,500円)。船盛で提供されます。
その日に獲れた、おススメの刺身が並びます。見た目もインパクトがあるので頼みたい一品です。

奄美大島の魚介が堪能できる店特集、いかがでしたか?

ちなみに。島キャン宣伝部スタッフの個人的なおススメ料理はトビンニャ(マガキガイ)。メニューにあれば必ず頼んでしまいます。小さな身に、貝のうま味がぎっしり詰まっています。磯クサさもなく、クセのなさなら魚介類TOPクラスなのでは?飲み始めの「とりあえず」にも、中盤以降の「なんかつまめるもん」にも応えてくれる万能さ。ただ、食べられる身の小ささに対して、残される貝の重いこと。少々悔しい気持ちを抱いてしまいますが、ゼヒお試しを!