奄美のトカラ馬(在来馬)と触れ合い体験ができる『あやまる牧場』

2017年6月末に開園した「あやまる牧場」。
奄美空港から北部(あやまる岬)に向かう途中(下の写真)に看板があります。そこから更に100メートル程行くとあやまる牧場があります。奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場今回お話を伺ったのは、奄美大島にIターンで移住された松嶋さん。これまでは東京で働かれていましたが、1年前(2016年)に、沖縄の友人に奄美大島でホースセラピーが始まることを聞いたんだそう。そして理事長と会いビジョンに共感を持ったのがきっかけで入職することを決めたんだそう。

▼馬をあやす松嶋さん。奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場あやまる牧場は2016年1月に笠利町で開所した障がい者福祉サービス事業所「共生園・のごろ」が運営する牧場。馬の世話や厩舎の管理など、馬との触れ合いを通じて障がい者の精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーション「ホースセラピー」を導入されています。

ちなみにこちらが牧場です。
奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場
こちらの牧場では日本古来の在来場トカラ馬(後ほどご説明します)3頭とミニチュアホース1頭を飼育しています。奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場ホースセラピーは乗馬の他に水や餌を与えたり厩舎の掃除などを通して馬と一緒にいることで安らぎや安心感が芽生え、馬との絆が芽生えてくるんだそう。

▼先日おこなった「トカラ馬」との触れ合いイベントにて奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場これは小学生以下を対象にしたトカラ馬と触れ合いが出来るイベント。
馬を見るのも触るのも初めてだった学生がほとんどで、みんな緊張した面持ちで馬と少し距離を置いて見ていました。しかし時間が経つにつれ、馬との心の距離が縮まったようでみんな元気に楽しんでいました。

奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場ちなみにトカラ馬は、日本在来馬の8種の内の1種で大変貴重な馬なんだとか。元々農耕馬だったトカラ馬。時代とともに、その役目を失い存続が危ぶまれていたそうですが、幸い鹿児島大学の目に止まり種の保存を目的に保護・育成が初まって来ているそうです。奄美大島,笠利,あやまる牧場,調教場
▼最後にメニューのご案内奄美大島,笠利,あやまる牧場,かき氷,しろくま風

▼ミニしろくま(300円)奄美大島,笠利,あやまる牧場,かき氷,しろくま風ミニしろくまを食べながら、馬を見ることも可能です。

▼体験メニューについて奄美大島,笠利,あやまる牧場,体験メニュー

基本情報

  • 施設名: あやまる牧場
  • 住所: 鹿児島県大島笠利町大字須野
  • TEL: 0997-63-8188
  • 定休日: 月曜日
  • 予約: 可
  • 駐車場: あり
  • クレジットカード: 不可
鹿児島県大島笠利町大字須野

あなたの体験も投稿してください!

お預かりしたコメントは、確認後事務局で公開させていただきます。
メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です