奄美大島 最南端の秘境。非日常を感じられるトレーラーハウス『アマミホシゾラビレッジヤドリ浜』

2018年12月に 奄美大島瀬戸内町蘇刈にOPENした「アマミホシゾラビレッジ ヤドリ浜」。宿泊棟は奄美でも珍しいトレーラーハウス形態をとっています。
奄美大島、瀬戸内町、蘇刈、トレーラーハウス、いそしぎ、レストラン隣、アマミホシゾラビレッジヤドリ浜、ヤドリ浜が目の前
早速ですが「トレーラーハウス」はご存知でしょうか。

※以下ウィキペディア抜粋

トレーラーハウス(和製英語)とは、キャンピングトレーラーの体裁を取りながら、特定の場所に定住する目的で設置されるもののことである。電気や上水道、下水道などを車両内で完結させず、公営企業のサービスを直に受け入れるものも多く、「タイヤがついたプレハブ住宅」と考えても良い豪華なものもある。
奄美大島、瀬戸内町、蘇刈、トレーラーハウス、いそしぎ、レストラン隣、アマミホシゾラビレッジヤドリ浜、ヤドリ浜が目の前
▼お部屋のご案内

山や海に囲まれているので白を基調としたトレーラーハウスは「ここは海外?」と思わせてくれるものがあります。お部屋は最大4名までの利用が可能。

シャワー室&トイレ
奄美大島、瀬戸内町、蘇刈、トレーラーハウス、いそしぎ、レストラン隣、アマミホシゾラビレッジヤドリ浜、ヤドリ浜が目の前、お部屋 奄美大島、瀬戸内町、蘇刈、トレーラーハウス、いそしぎ、レストラン隣、アマミホシゾラビレッジヤドリ浜、ヤドリ浜が目の前、トイレ
※浴槽は無くシャワーのみの利用となります。

・料金体系
1名 8,000円
2名 13,000円
3名 18,000円
4名 20,000円

室内には「冷蔵庫」「ケトル」「電子レンジ」を置いていますので、ご自由にお使いいただけます。
※食事は隣の「レストラン&BARいそしぎ」にてお摂りいただけます。さて、ここで「アマミホシゾラビレッジヤドリ浜」の魅力3つをご紹介いたします。

その1 国立公園内にある

※写真※

国立公園内にある宿は、奄美では●とか。奄美大島南部(最東端)の雄大な自然を感じられること間違いなし。ちなみに近くの海(嘉鉄)では、貴重なアマミホシゾラフグを観られるとか。その他にも野鳥や、野生のヤギなど、内地では観られない生物が観られるかも。

その2 満点の星空を楽しめる

※写真

夜空を見上げれば満天の星空が望めます。季節に合わせて天体ショーはいかがですか?
※天候次第。

その3 田舎に帰ってきたようなアットホーム感を感じさせてくれる

※写真(ママ&ゆきひささん)

管理人は生まれも育ちも生粋の奄美人(瀬戸内町出身)幸久(ゆきひさ)マスターと幸代(さちよ)ママ。
※レストラン&BARのオーナーでもあります。

ちなみに幸久マスターは普段寡黙な方ですが、お酒が入ったら大変気さくになります。

※写真※

触れ合う機会があったら言ってみてください。
「1曲お願いします」と。お得意のギターで昭和ソングを熱唱いただけるでしょう。
※レストラン&BARは夜になると集落の音楽好きな仲間が集まって自由にライブが始まるなんてことも…。

最後にママより一言頂戴しました!

あなたの体験も投稿してください!

お預かりしたコメントは、確認後事務局で公開させていただきます。
メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA